クリぼっちの本音 〜まだ間に合う恋人を作ろう〜

スポンサーリンク

スポンサーリンク

12月に入りましたね。

街や公園も至る所にイルミネーションが飾り付けられ、世の中Xmasを感じられる風景が見られるようになりました。

世の中のアベック(じゃ無くて...)カップル(違うか...)リア充の人達は24日に向けてワクワクドキドキな計画を立てている事でしょうね。

f:id:sim_blog:20191208090400j:image

クリぼっち君の本音

後輩と二人でバイク用品店に向かう車の中でこんなつぶやきを耳にしました。

「あの娘カワイイな〜。あんな彼女が居たらXmas楽しいだろうに...。」

普段、人前では彼女が居たらバイクに対する時間も金も無くなるとか言ってる後輩からの意外な言葉に私は "驚き3 : 冷やかし7" な気持ちで聞き返してみました。

『お前、いつも女が居ると金も時間も無くなるって言ってたやん』

後輩は溜息をつきながら

「そうは言うけど彼女欲しいですよね〜。特にこの時期はどこに行ってもXmas。夜は至る所にイルミネーション、店内はXmasソング...」

私はいつものXmasは何してるのと問いかけてみた。

後輩は

「会社もイブの夜は終わるの早いですからね。上司や先輩もデートやホームパーティーとかで。家でゲームしたり、動画観たりですよね...」

「最近はネットでクリぼっちは楽しいとか幸せとかリア充ディスってる事が書いてありますよね。女子会するとか飲み会する方が楽しいみたいに...。でも、ホントは寂しいんですよね。彼女(彼氏)に誘われ、友達に誘われたら彼女(彼氏)の方に行くでしょ普通...」

なるほど、それは私も思う。

相手が居ないからの言い訳だとは思ってはいたけど、実際に聞くと寂しさの裏返しなんだなと納得。

 

『気になる相手とか居ないのか?』

との私の問いに、彼は

「駅から会社に行くまでに毎日すれ違う人の中にメッチャ カワイイ人が居るんですけどね〜。面識無いから声かけれないし...」

...お前もか〜(^o^;)

最近は惚れた相手にアタックする男ホントに居ないよな...

 

私は過去記事に載せた この後輩の知人でもあるSの話しをしてみた。そしてXmasにまつわる私の若い頃の話も聞かせてみた。

 

www.simsnotebook.com

私の経験談

私の時代のXmas

私は40代後半です。若い頃はバブル経済真っ只中でもあり、Xmasに流れるJRのCMシンデレラエクスプレスが始まった時の世代。当時の『アベック』今で言うリア充で一緒にXmasを過ごすなんて風習が始まった頃であります。今のように普段着ではなくXmasは若者がスーツを着て普段行かないような高級なレストランへ行き、高級なホテルで一緒に過ごすという特別な日でした。

 

普段頻繁に会って居る彼女とではありますが、普段と違う街の雰囲気や自分達の格好や高級なお店で過ごす1日は夢の世界とも言うべき時間であり、自分がドラマの主役の様な世界観でした。

今のようなイベント事があまり無く、年に一度の恋人達のビッグイベントでした。

 

そんな日に向けて何ヶ月も前から高級ホテルの夜景の綺麗に見える部屋を予約したり、レストランを予約したりとネットの発達していない時代のため、ある者は愛する彼女のため、またある者はまだ出会っていないまだ見ぬ彼女のためにTEL攻勢でしたね。

だからこそ想いの人にアタックするチャンスとも言うべき時期でもありました。女性のバレンタインと同じように、男には普段心に秘めた人にアタックしやすい時期だったんですよね。

 

想いの人を誘うには

もし、当時の私が先の後輩のように話した事の無い意中の人が居たなら...。

 

毎朝駅から会社の間にすれ違うと言う女性に

『おはようございます!!』

と声をかけますね。

相手は知らない人に挨拶されてビックリするでしょうけど...。朝は皆さん1分1秒を争っているのでシカトされるかも知れませんが顔を憶えてもらう。

それだけのために...。

何日も挨拶してれば、きっと返してくれるようになりますよ。挨拶ですし...。

挨拶を返してくれるようになれば、同じように同じ駅なので帰りにも会うでしょうから、チャンスがあれば話しかけてみてはどうでしょうか?

朝は出勤で時間が無いでしょうけど帰りなら話してくれるかも知れません。

 

実は私は若い頃にそれでお付き合いした人が居ますので検証済です。

 

過去の記事にも書いた通り、私の恋愛感と言うか好きな人が出来た時は(昔話ですが...)

『どうせ今は他人。フラレても他人のまま。世間話しして知り合いになる。知り合いが告白して恋人になる』

そう考えていましたし、もし今もフリーならそう考えます。知り合いを誘う時にも『予定が無いならXmasイブにオレが○○さんの予約入れたいんだけど』って誘ってましたね。

 

当日券 イブアタック

イブアタックとは...

私の経験ではありませんが、私の友達にイブアタックで結婚した夫婦がいます。

先の話しで、随分前からレストランやホテルを予約した男が当日までに相手を見付けられなくて予約当日に女性に声を掛けてデートしてレストランへ行き...。

聞こえは悪いが...

 

当日ナンパ

 

本人達によれば私の一目惚れした相手に声をかけるのもナンパだと言うのだが...。

その日だけの一夜限りならナンパだが、それがキッカケで付き合い結婚したのだから、出逢ったキッカケなだけで断じてナンパでは無いと言う。

Xmasに関係するので少し話してみようと思う。

 

イブアタック夫婦の若き日

f:id:sim_blog:20191208090155j:image

当時、この夫婦の奥さんは旦那さんとは違う男性と付き合っていました。もちろんこの彼にXmasデートの誘いを受け、イブの当日に駅近くの待ち合わせ場所で待っていました。しかし数時間待っても彼は現れません。そして彼女は悟りました。

『私は2番目、3番目だったんだ...』

彼女は悔しさと寂しさから泣きながら待ち合わせ場所を後にしました。

 

この当時、先に話したように恋人達にとってイブに会う事は当たり前のようなイベントであり、誘って当然 • 誘われて当たり前の事でした。そして、二股を掛けている男性は本命では無い女性にもイブに誘い、当日までバレないように過ごし、当日は本命の彼女とイブ過ごすといった事が横行していました。もちろん当日は今のようにmailやLINEなんて物はありません。連絡の無いまま心配し待ち続け、数時間の後に悟って帰るという事が多々存在していました。そして彼女もコレに当てはまってしまった訳です。

 

そして旦那さんはと言うと...

彼は今年こそは彼女を作ってイブを過ごすぞという決意の現れから、数ヵ月前からホテルのダブルルームで夜景の見渡せる階を予約し巷で話題のレストランも予約し、意中の女性に猛烈にアタックしていましたが、その女性には彼氏が居て見事に撃沈...。しかし彼はイブアタックに全てをかけるべく街へ繰り出していました。

 

彼がカップルで賑わう街を1人歩いていると、とあるカップルの会話が耳に入って来ました。

『何〜アレ...』

「ダセ〜」

しばらく歩くと前方から来るカップル達がヒソヒソと話し1人の女性を振り返りながらこちらに歩いて来ます。その女性、後ろから見る姿は辺りを歩く女性と同じく綺麗に着飾ってはいますが明らかに1人。彼はチャンスとばかりに足早に彼女に接近し声をかけました。

『あの〜』

振り返った彼女を見て彼は先程のカップル達の言葉と振り返りながらヒソヒソと話していた訳が分かりました。

(しまった...)

気合を入れて施したであろうメイクは涙でグシャグシャになり、とても一緒に歩けるような顔ではありません。そして焦った彼の心の声が思わず口から出てしまいました。

『化粧道具ある?』

思わぬ彼の言葉に彼女は何を言っているか分からない様子でしたが一瞬の後ハッとし彼の言葉の意味を理解しました。

『あるけどトイレとか無いかな?』

彼女は彼の後ろに回り込み、自分の顔を彼の背中に隠しながらそう言い、彼も近くのトイレを探しながら歩き出した。

 

やがてトイレを見付け化粧を直し出て来た彼女に飯でも食いに行こうと予約してあったレストランに向かい、二人はやがて結婚し仲の良い夫婦として暮しています。

 

私の世代では通称イブアタックでその後交際した人が沢山居ます。昭和という時代背景もあったのは確かですけどね。

 

 

終わりに

ネットではXmasに一人で過ごす人は7割とあり理由は『Xmasだと言って普段と変わらない』とか『クリスチャンじゃ無いし』とか言っている人が多数居ると聞きますが、本音はどうなのでしょうね...。

 

恋人が居てもそう言うのでしょうか?

 

昨今の若者は自分の気持ちを出して好きな人に気持ちを伝えると言う事に臆病になっているような気がします。

私は7割が一人で過ごすなら7割が恋人の居ない若者の様な気がしています。

チャンスですよ!!

 

男女は関係ありません

『どうせ今は他人。フラレても他人のまま。世間話しして知り合いになる。知り合いが告白して恋人になる』

もしも、意中の相手が居るならば頑張れ若者 (。•̀ᴗ-)✧

 

頑張った先に今までに無い素敵なXmasが待っていますよ。

 

 

それでは また次回に会いましょう!